読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masawadaの日記

masawadaの日記です

ぼくがブログを書く理由

今週のお題「私がブログを書く理由」


僕がなぜブログを書いているかというと,それはひとえに「ログとり気質」だからだと思う.

小学生〜中学生のころ,つまりぼくがPCを触り始めたころ,ちょうどライフログというのが流行っていた.ライフログは自分のすべてを記録しようみたいな考え方.日常のすべてをデジタルデータ化して持とう,みたいな感じ.これが当時の自分の心に響いて,(いまとなっては陳腐な気がするのだけど)いろんなログを取り始めた.スマートフォン(初代W-ZERO3とか)が出始めて,少しずつインターネットを持ち運べる様になりつつあった時代というのもそれを助長したと思う.Twitterなんていうのはその最たるもので,あれから7年経った今でも思考やら居場所やらなにからなにまですべて垂れ流している.可能であれば,居場所を常に記録してサーバに保持したいという気持ちもある.

ログ取り気質には,コレクション好きな性格も関与していると思う.モノはすべて揃っているのが美しいみたいな考えを持っているので,例えば小説ならシリーズモノは最初から全巻購入して読む.アニメを毎クール全録してHDDに残すみたいなのはコレクション好き・ログ取り気質の合わせ技の最たるものだと思う.ゆえに全く見ない番組も録画されてHDDを圧迫する.

傍から見ればアホらしいのかもしれないけど,僕が常に記録を残し続けるのは性分だからとしか言いようがない.ブログもその一環なので,思ったこととかあったことを気ままに書くし,読み手がいなかったとしても記録をし続ける.だから,「京都にいます」とだけ書いて投稿することもある.

面白い文章を書く人はすごいと思うけれど,そういう才能のある人はそこまで多くない.もちろんそういう人しか書いてはいけないなんて決まりはインターネットにはないし,普通の人でも文章を書くのに臆することはない.もっと自分のための,本当に個人的な日常のブログが増えても良いのではないか.